【CoC】『クトゥルフ2010』と『クトゥルフ2015』はどっちを買った方がいいのか

どうも、初めて遊んだTRPGクトゥルフ神話TRPGです。地図職人です。

 

 もう結構前な気もしますが、ニコニコ動画を中心にリプレイ動画が流行ったおかげで、ここしばらくTRPG人口は伸び続けているように感じます。TRPGは一人で出来る遊びではないですし、人口が増えるのはうれしい限りです。

 

 さて、今回書きたいのはタイトルにある通り、クトゥルフ2010」と「クトゥルフ2015」ならどっちから買った方がいいの?ということです。

 多分どのシステムでも同じだと思うのですが、基本的にはTRPGはルールブックさえあれば遊べるゲームになります。ですが、ある程度遊ぶとやっぱり拡張データであるサプリメントが欲しくなってきます。

 特に、クトゥルフ神話TRPGは基本ルルブは1920年アメリカを想定していますし、現代日本を舞台としたシナリオが多く出回っている現状では、やはり「2010」か「2015」が欲しく人が多くなってくると思います。僕も最初にルールブックを買ったときに一緒にクトゥルフ2010も買いましたしね(当時はまだ2015は発売されてませんでした。)

 

 ただ、サプリってだいたい4000円ぐらいするのでそんなにホイホイ買えるもんじゃありません。ましてや「クトゥルフ2010」と「クトゥルフ2015」って名前だけ見るとほぼ同じですからね。「どっちを買った方がいいんだろう?」みたいなことを思うのはごく自然なことだと思います。

 そこで、両方持ってる僕目線で、今から買う場合はどっちから買った方がいいのかを考えてみました。

 

 

はじめに

 それではまず初めに簡単にクトゥルフ神話TRPGサプリメントのおさらいを…。「クトゥルフ2010」と「クトゥルフ2015」はどちらも現代日本社会をサポートする為のサプリメントになります。同じく現代日本をサポートするサプリメントとして「クトゥルフカルト・ナウ」もありますが、こちらはシナリオフックとしての側面が非常に強いので後回しでいいでしょう。

 この「2010」と「2015」に、「マレウス・モンストロルム」と「キーパー・コンパニオン」の2つを合わせた4つのサプリが、クトゥルフ神話TRPGで一番重要度の高いサプリメントだとおもいますが、「モンストロルム」と「キパコン」はシナリオ製作に使うデータブック的なものなので、ひとまずは後回しでいいと思います。クトゥルフ神話TRPGルルブだけでも十分に遊べるのが魅力ですしね。言っちゃえば「2010」も「2015」も無くてもクトゥルフ神話TRPGは十分に遊べますしね。

 

クトゥルフ2010

 「クトゥルフ2010」の最初の方には、現代日本での探索者に関するルールが載っています。医師、エンジニア、警察官、etc…といった現代日本での職業技能とか、各技能の新しい定義とか、武器とかですね。基本ルルブに載っているデータだけだとどうしても現代日本を舞台にしたときには違和感が出てしまうので、非常に嬉しいところです。

 特に用いることが多いのは職業技能の部分ですかね。「クトゥルフ2015」を買うまでは探索者創造のたびに毎回開いていましたね。ただ、今では探索者創造に関しては「クトゥルフ2015」の方が使用頻度は高いですね。理由は後述します。

 あとやたら戦闘周りに関するデータが多いような印象がありますね。悪名高い〈武道〉に始まり、〈日本刀〉、〈薙刀〉、果ては〈グレネード・ランチャー〉まで多種多様な技能が追加されました。まあキャラ付けという意味ではなかなか面白くていいんじゃないでしょうか。囲み記事の『武器になる日常品』とか、スタンガンのデータとかも結構便利でした。現代日本ではアメリカみたいに拳銃やショットガンを気軽に振り回すことはできないので、そこらへんの補完の意味合いもあったと思います。

 

 そこから先は現代日本に関係するコラムが続きます。例えば『日本の法執行機関』だったり、『科学捜査』についてですね。あと、シナリオフックとなる『日本の怪奇スポット』『ここ60年の年表』だったりですね。これは結構な量があります。

 あと後ろの方には文書風にまとめられている人間と深きものの生殖に関する研究や、偶然見つかった深きものの死体の検視報告書(風の記事)も結構面白い。サイエンスなシナリオを作る時に大いに参考資料として役に立つと思います。若干サイエンスホラーをサポートするようなコラムが多いように感じます。

 

 それと、「クトゥルフ2010」を象徴するものとして、2つの選択ルールがあります。『学生探索者の想像』『幕間での成長』です。個人的に大大大好きなルールです。

 『学生探索者の想像』は、例えば「この子は中学生時代は外国に留学してたから〈英語〉が高いんだ」とか「大学は農学部卒だから〈生物学〉と〈重機械操作〉が高めだぞ」みたいな感じでキャラクターを1年分ごとにROC*1で技能を成長させていって探索者を想像するルールになります。ぶっちゃけ手間がかかってめんどくさいのですが、技能から探索者の来歴とかが見えてきてなかなか愛着が湧きます。あと楽しい。

 『幕間での成長』は同じ探索者でキャンペーンをする時に、セッションとセッションの間で探索者を成長させることができるルールになります。サプリに具体的な例が載っていますので読んでいただけるとわかりますが、探索者のセッション以外での過ごし方なんかが想像できて非常に楽しいです。

 

クトゥルフ2015

 それでは「クトゥルフ2015」に移ります。まず最初に探索者創造に用いるデータに関しては、2010と比べて多くの職業が追加されています。消防士とかデザイナーとか。中には闇医者とかネット犯罪者なんていうよくわからない職業まであります。

 2015の選択ルールでは、職業に応じたボーナスが入る『職業特記』や、APPやDEXなどのEDU以外の値を参照して職業技能ポイントを決めるルールなどがあります。

 また「クトゥルフ2010」の職業にこの『職業特記』などを加えたものが載っている囲み記事がありますので、オンセなどでGMクトゥルフ2010」は持っているけど「クトゥルフ2015」は持っていないって時でも2010の職業データを使うことができます。(その場合は『職業特記』などは使えないと思いますが、大は小を兼ねるといいますしね。)

 

 また、「クトゥルフ2015」では、より個性的な探索者の創造の為の選択ルールがいくつか掲載されています。例えば

・「親が有名人である」、「嫌なことをすぐ忘れられる」といった個性とボーナスを付与できる『探索者の特徴』

探索者が深きものの混血種になったり、すでに何かしらの狂信者になっちゃってたり、脳缶や多重人格に対応する『奇妙な探索者たち』

・「クトゥルフ2010」からアップグレードされた『武器』表

 

 残りはシナリオ製作にかかわるコラムとなっています。天叢雲剣八咫鏡といったアーティファクトのデータ及び、研究や創造についてのコラムである現代日本におけるアーティファクトや、探索者をサポートしてくれる第三者について書いている『探索者を支援する個人・集団』に加えて、「クトゥルフ2010」から引き続き、日本の怪異や、科学的側面に関してのコラムもあります。コピー、スキャンされた魔導書の扱いや、多くのKPを悩ませている携帯電話についての記載があるのがちょっと面白いですね。

 あとどうでもいいっちゃどうでもいいんですが、シナリオグラム*2もあります。

 

まとめ

 「クトゥルフ2010」と「クトゥルフ2015」の二つは、経緯といいますか、趣旨は微妙に違うものになります。「クトゥルフ2010」は「基本ルールブック」で1920年アメリカを遊んだ人たちが現代日本を舞台として遊ぶ為のサプリであり、「クトゥルフ2015」は最近の現日ブームに乗っかった形の、多種多様なプレイスタイルを補強する為のサプリになります。

 なら「2010」を買ってから「2015」を買った方がいいのかとなると、必ずしもそうではないと思います。なぜなら「2015」は最近のクトゥルフ界隈の流行を汲み取った形のサプリメントになる為、例えばリプレイ動画なりを見てクトゥルフ神話TRPGに興味を持った人にとっては「2015」の方が面白い内容なんじゃないかなと思います。

 逆に、基本ルールブックのサンプルシナリオである「悪霊の家」や「死者のストンプ」や原作小説の雰囲気が好き!みたいな人には「2010」の方がいいのかなぁと個人的には思います。

 

 個人的には「2015」の方が探索者の創造やその他もろもろのデータ的な部分の量では勝っていて、コラムやサンプルシナリオの質では「2010」が勝っているように感じます。自分が好きなのは「2010」だけど人に勧めるなら「2015」かなぁ…?といった所ですかね。

 しばらくPLしかしないぜ!って人は「2010」の『学生探索者創造ルール』と「2015」の『特徴表』と多くのマイナー職業を天秤にかけて考えて決めるといいと思います。でも基本的にその視点で比べた場合には「2015」の方が上だと思います。

 

 中途半端な内容になってしまいましたが、「2015」は決して「2010」のアップグレードでもマイナーチェンジでもないのでどちらが上かみたいなのは決められないです。僕の意見を一言でまとめると「僕は2010が好きだがどちらかと言うと2015が好きな人の方が多いと思う」です。迷ったら「2015」の方がいいような気はします。

 

 それでは楽しいTRPGライフを!

 

クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ2010 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ2010 (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

 

 

 

*1:ロール・オア・チョイスの意、いくつかの選択肢からサイコロでランダムに決めてもいいし、自分で選んでもいいという意味

*2:サイコロを振ることでシナリオの大まかな構想を決めてくれるもの。要するに診断メーカーみたいなやつですね